Realforce 89 の洗い方

ちょっと普通じゃないくらいキーボードを持っている私、三猫ですが、お仕事キーボードは Realforce 89 を発売以来愛用しています。このキーボードは実におもしろみのないキーボードなのですが、つまらないヤツくらいがお仕事にはちょうど良いのです。打ちやすく、壊れず、疲れにくい。よく働いてくれる愛いやつです。

今の現場でも Realforce を使い続けてもう3年、そろそろ汚れが目立ってきたのでお掃除しようと、このGWの間に里帰りさせました。そういえば、キーボードの洗い方の質問メールもいただいたこともあったなぁ、と言うことで、せっかくだから Realforce の洗い方(・・・なんて大層なものじゃないけど)をまとめてみました。

用意するもの

Realforce 89 は、キートップキートップスライダ(プランジャ)が別部品なのと、キートップスタビライザ*1がハウジング(キースイッチ等が納められた黒いヤツ)の中に納められているため、

  1. キートップを丸洗い
  2. キーの下に溜まったゴミを除去

するだけでお掃除完了な、類を見ないくらいお掃除しやすいキーボードなので、特別に用意する物はこれだけです。

上から、キートップリムーバと、竹の棒を削って作った特製のヘラです。


あとは水とか雑巾とか洗剤とか、普通に掃除に要りそうなものだけです。

キートップリムーバ

キートップリムーバは必ず用意してください。キートップは指で強引に外したりしては絶対にいけません。キーボードを傷めます(最悪壊してしまいます)。写真のものは猫の愛用品でネオテックさんで購入した物。丈夫で使いやすいのでお気に入り。

キートップリムーバはあんまり普通のパソコンショップで見かけないのですが、 アキバのキーボード専門店やShopUさん で購入するとよいでしょう。

特製竹べら

特製…というほど立派なものではなくって、適当な長さ・幅に切った竹の棒です。先っぽはこんな風削ってあります。

いろいろ役に立つものなのですが、具体的に何に使うかは後のお楽しみということで。竹の方がよりよいのですが、別に割り箸を削って作っても用は足ります。

キートップを丸洗い

まずは、キートップを外しましょう。

こんな風にまっすぐ上にキートップを引き抜きます。Realforce 89 は スタビライザーがスイッチ内部に付いていますので長いキーでも気にせずキートップをガンガン引っこ抜いてしまって大丈夫です。

全部キーを引っこ抜ぬいたらキートップの洗浄です。キートップは水洗いしてしまいます。台所用中性洗剤を使う方も居ますが、なんとなく酵素パワーが効きそうな気がするので(w) 猫は、アタックとかの洗濯用粉洗剤を使ってます。

たらいに水を張って、キートップと洗剤をいれてグルグルかき回すだけで結構よごれが落ちます。それでも落ちないしつこい汚れはメラミンスポンジでこすればOKです(こすりすぎに注意)。

洗い終わったら、よ〜く濯いで、柔らかいタオルで水滴を拭き取った後、1日くらい陰干しします。

本体のお掃除

Realforce の筐体は、裏面手前の三つの爪ではめられているので、これを外します。別にマイナスドライバーでも開けられるのですが、筐体に万が一にも傷を付けてしまうのは嫌のなので前述の特製竹べらを使います。

こんなふうに爪をちょっと押し出すだけで


ほら開いた♪




さて、キートップを外した時点で既に目に付いていたと思いますが、キーの底には「うわぁ…」なくらい、なんだか汚いのが溜まっています。(あまりに汚らしいので写真はパスです。)
まずは逆さにして振るなり、ブロワーで吹き飛ばすなり、掃除機で吸い取るなり、好きな方法で汚いのをざっと除去してください。

このあと雑巾で拭き取ります。ただ、ハウジング(キースイッチ等がはいっている黒いの)どうしの間が狭くて吹きにくいので、先ほどの特製竹べらの先に雑巾を絡めて拭き取ります。(もともとこの竹べらは、掃除屋さんが窓サッシとかを拭くときに使うものなんです)

外したケースや底蓋は雑巾でサッサと拭いてあげましょう。内側も静電気でまとわりついた黒い汚れが付いているはずなので丁寧に拭いてあげましょう。あとは水分を柔らかいタオルで拭いて念入りに取ってあげてください。


以上、お掃除はおしまいなので、水分が十分に飛ぶくらい陰干ししたあと組み立てます。以上でお掃除終了です。あ〜、すっきりした♪


*2

掃除してみてわかったこと

結構長いこと掃除していなかったのですが、あまり放っておくとキーの底に溜まった汚いのが、鉄板を浸食してしまうことが今回わかりました。

これは、掃除後の写真なのですが、ヨゴレのカタチに鉄板が浸食されていて、中には赤錆が浮いてしまっている所まで有ります。

うー・・・、どんなに汚れても掃除すればキレイキレイだと思っていたんだけどな〜〜。キーの下がプラのキーボードならば、この手のヨゴレは溜まってもそんなに問題ではないのですが、Realforce のようにキーの下が鉄板のキーボードは、こまめに掃除した方が良さそうです。

*1:長いキーを安定して押し込ませるためのもの。この字型の針金がキートップにくっついているのが一般的

*2:Altとカタカナひらがなキーが逆になってるのは、ワザとです。そんな風にリマップして使ってます。もちろんCtrlもAの横にしていますが、こちらはキーサイズが違うので(残念)

今時のキーボードの洗い方

Realforce 89 は類い希なる異常にお掃除のしやすいキーボードです。じゃあ、極々普通の、今時のキーボードのお掃除はそんなに大変なのか…というと、結構たいへんです。

極々普通のお掃除

今時の*1キーボードのスッキリ丸洗いを阻む原因は、キートップスライダに塗られた潤滑剤です。

Realforce が掃除しやすい理由の一つは、キートップスライダ(キートップを支える上下駆動する棒)とキートップが別部品になっていることでした。

摺れる部品と指に触れる部品では素材を変えるのが自然ですから、昔のキーボードはみんなそうだったのですが、近年のキーボードの低価格化競争により、みんなキートップと一体になってしまいました。で、足りない摺動特製を潤滑剤で補っています。

なので、今時のキーボードのキートップを丸洗いしてしまうとこの潤滑剤も洗い流してしまうので NG です。今時のキーボードの場合、キートップは軽く拭く程度に止めるしかありません。

今時のキーボードでは、キートップをキーボードに付いた状態で水拭きし、キートップを外して、ケースの底(件スライダー受け)のゴミを掃除機で吸い取るくらいにしておきましょう。丸洗いより大変で、酷いヨゴレには効果が低いのですが、それでも定期的にきっちり手入れすれば十分です。

一つ上を行くお掃除

とは言え、キートップや外装の丸洗いを阻むのは、潤滑剤が落ちてしまうからというもの。実は、丸洗いすると落ちてしまう物には、もひとつ、キートップスタビライザの軸受けに塗られているグリスもあります。(これは「今時」云々に関わらず昔の物でもそうです。むしろ Realforceが特殊)

ようするに、洗うと落ちてしまうものがあるなら、もう一度塗ればよい、と言うわけです。

スムースエイド

最近のキーボードに使われているのと同等の潤滑剤の入手方法を猫はしらないのですが、かろうじて普通の人が買えるのが、アキバのキーボード専門店 ネオテックさんで売っている スムースエイドです。

スライダ部のスライダ受けと接する部分にこれを塗って、一時間くらい乾かしから 組み立てます。素敵な打鍵感が得られること請負です。

セラミックグリス

スタビライザの軸受けには、猫はタミヤのセラミックグリスを使っています。

全国のミニ4駆愛好家にはおなじみの*2樹脂を侵すことのない素敵なグリスです。


この二つを用意すれば、丸洗いもハブラシゴシゴシも怖くないっ!――ってわけです。まぁ、ここまでするのは、中古キーボードを買ってきた時くらいなのです。

総括

今時のキーボードは、かつての「安すかろう・悪かろうなキーボード」と、部品構成を見るだけではまるで変わりません。しかし潤滑剤やスライダ形状、スライダとその受けの遊びの適正値、ラバーカップ形状などのノウハウが蓄積された結果「安いけど悪くないねなキーボード」になりました。本当に凄いことです。

しかし、やっぱり「丸洗いしてまで使う」ようなキーボードではないのかも、と言うことなのでしょう。メーカーにとって見れば、そこまで使い込んだなら、新しいの買ってね、なのかしら。そのときには「新型」がでているしね。

「このキーボードじゃなきゃいやん」なんて一つのキーボードに拘って、ずっとメンテしていくには……なんて、それはマニアだけかもね。

*1:安物の…と言えなくなったのが悲しい

*2:と、思いきや、ミニ4駆は最近はチタングリスなんだそうな